今日から始めるシミを作らない美肌生活

 

シミのこと好きですか?嫌いですよね?
今日からシミをつくらない生活を始めていきましょう。

 

 

年齢を重ねると目立ちやすくなるシミは、女性がちょっとした買い物でもファンデーションでカバーしないといけなくなるくらい老け顔に見せてしまう原因の一つです。

 

年齢肌と切っても切り離せないといわれるシミですが、実は毎日のNG習慣を見直してみるだけでもだいぶ効果が変わってきます。つまり同じ年齢で比べた時にシミが少ないアンチエイジングな肌を手に入れることができるということです。

 

 

それでは4つのNG習慣でシミをつくってしまう原因の理由と、それの予防方法についてポイントで見ていきましょう。まずシミはどうしてつくられるかですが、肌の奥で生成されたメラニンが蓄積してしまうのが原因です。

 

メラニンが増えること、そしてそれがうまく代謝で更新できないことがシミを濃く、年々増やしてしまう理由です。メラニンが増えてしまうわけには紫外線があります。

 

紫外線は肌にメラニンをつくるように働きかけてしまい、日焼け、くすみ肌などのトラブルも引き起こします。なのでシミになりやすいNG習慣は、まず日焼け予防をしていないということです。

 

ベランダや庭に出るとき、近くのコンビニまで出かけるときになかなか日焼け止めは使わないという人は多いでしょうが、生活日焼けは間違いなく年齢を重ねた肌にシミをつりやすくする原因です。生活日焼けは慢性化しやすいので自分が焼けているかどうかもわからなくなってしまう人もいるでしょう。

 

そういう人こそ気をつけなければいけません。ちょっとした用でも太陽の下へ出るときは日焼け止めを欠かさないようにしましょう。

 

また例え屋内や車内にいても、シミの原因になる紫外線は容赦ありません。というのも車内などではドライバーなら右側から助手席なら左側からと太陽が直接差し込んできます。

 

道路による低い位置の照り返しもあり夏の海、冬のゲレンデに匹敵する紫外線量があります。一見屋内、車内にいるからと気を抜かずに窓にはUVカットのシートを貼るなど恒常的な対策をするのがいいでしょう。

 

また紫外線だけでなく肌への過度な刺激もシミを生むことがあります。

 

肌のマッサージなどで目の周りを強く叩くとその部分にシミができやすくなります。血行促進にいい肌のマッサージですが力加減に気をつける、またパッティングなどをやりすぎないようにしましょう。

 

シミとニキビを同時に対策できるメルライン
メルラインの口コミ、顎ニキビに効果を実感できる理由