肌のたるみに効果的な3つの成分

肌のたるみの原因

 

女性にとって、肌の悩みは深刻な問題ですが、その一つに、肌のたるみがあります。
残念な事に、どんな人でも、年齢を重ねて行くと、徐々に肌のハリは失われてしまうものですが、肌のたるみの原因は、それだけではありません。
紫外線による影響、こちらもかなり大きな要因なのです。

 

肌は、一番外側でバリア機能を持つ「表皮」とエラスチンやコラーゲン、ヒアルロン酸などを生成する線維芽細胞と言うものが存在する「真皮」、脂肪細胞などから成り表皮と真皮を支えている「皮下組織」と言う3層で構成されているのですが、紫外線は「真皮」にまで到達するため、線維芽細胞を痛めてしまうのです。

 

線維芽細胞は、エラスチンやコラーゲン、ヒアルロン酸など肌の弾力に大きく関係している成分を作り出す細胞であるため、ダメージを受けてしまうと、それらの生成等にも悪影響が出て、たるみの原因になってしまうと言う訳です。

 

また、表情筋の衰えも、肌のたるみと大きく関係しています。当然の事ながら、筋力が衰えると、皮膚を支える力も弱まるためです。
肌がたるんでくると、悲しい事に口角も下がって見えるようになりますし、毛穴の状態もきれいな丸型ではなくなってしまうため、益々老け顔になってしまいます。
日頃から表情筋を鍛えるトレーニングや肌のたるみに効果的な美容成分を積極的に取り入れるよう心掛けたいものです。

 

肌のたるみに効果的な成分

 

肌のたるみの改善に効果的な成分には、コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドなどがあります。

 

コラーゲンは、人体に存在するタンパク質の約3割をも占める重要な成分であり、肌の真皮層においても7割程度、このコラーゲンだと言われています。真皮層では、ハリや弾力を保つ役割をしています。

 

ヒアルロン酸

 

関節や皮膚、脳や眼など、体内の様々な部分に存在する成分で、水分をたくさん保持する特性があります。
肌の水分も留めてくれるため、たるみ予防の効果があります。

 

セラミド
表皮に存在している細胞間脂質で、外部からの刺激から肌を守る役割をしています。
不足してしまうと、バリア機能が低下してしまうため、紫外線によるダメージなども受けやすくなり、肌のたるみの原因となってしまいます。
潤いのある肌には不可欠な成分です。

 

いずれの成分も、加齢と共に減少してしまいますので、化粧品、食べ物やサプリメント、美容ドリンクなどを通して補うのが、おすすめです。